必要なのは、私のカラダだけ。
深い呼吸で日中のストレスとおさらば。

こんばんは。
いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

深い呼吸のやり方

1.横になります。
2.足も延ばし、できるだけ力が入らないように、リラックスした状態に。
3.お腹に手を置きます。
4.鼻から吸って
5.口から吐き出します。
6.吐き出すとき、長く細く音が鳴らないように自然にします。
7.吐き切れば、頑張らなくても吸えます。
8.1分間に5・6回ぐらいのゆっくりとした呼吸をします。

途中で寝てしまった・・・
大丈夫です。
寝てしまうぐらい、リラックスしているから。

深く呼吸すると、頭がクラクラする

ストレスが多すぎて、胸が硬くなってしまっているときになります。
そんな時は、無理に吸わなくていいです。
今、吸える量だけ吸って、息を吐いてください。
「肺に溜まったストレスが吐く呼吸と一緒に指先から出ていく」と、
イメージがしながら、吐くと効果バツグンです。

なぜ、ストレス解消に呼吸?

人は害になるものは、自然にカラダの外へ吐き出そうとします。
ストレスも過度だと害です。
それで、呼吸を吐き出すとともに、ストレスを吐き出します。

他にもある吐き出す、ストレス解消法。

・ため息をつく
・カラオケで歌う
・おしゃべりする

さいごに

私たちは、心がしんどくなったら自然にため息をついています。
そうやって、自分のカラダのバランスを整えています。
それをわかって、意図的にできると私が私をコントロールできるますね。

にし まゆみ