それは、『人のせいにしないこと』です。
当たり前の話ですが、
環境や自分の行動って、
誰かに言われてやるかもしれませんが、
最終ジャッジをしているのは、
自分自身なんだと
早く気づくことです。

こんばんは。
いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

「感情コントロールしたいです」
みたいなことを言われる方に限って、
人のせいが多いです。
だから、言い訳も多い。

「人のせいにしたい」ですよ。
私も無意識にそうしている時あります。
自分を正当化させたいんですね。

意識には、
●主人意識
●被害者意識
があります。

どんな人格者でも、
ダメダメな人でも、
両方とも持っています。
人間だから、肉体を持っているから。

では、何で変わるかというと、
主人意識と被害者意識、
どちらを良く使っているか?
だけです。
自分自身が選んでいるんですね。
無意識の基準で。

そして、
主人意識の特徴は、
『自分が主体であること』
だから、環境や人のせいにはしない。
自分が決めたんだから、となる。
そうすると、
感情が出てきたとしても、
自分でコントロールができる。
大層に書いているけど、
当たり前のことです。

被害者意識の特徴は、
必ず相手がいる。
人のせいにする。
だから、
感情を
コントロールする必要が出てくる。

結論、
自分自身で
すべてを
決めている。
『人のせいにする』から
ややこしいことになる。
自分の選択に
責任を持とう。

それだけです。

にし まゆみ